心穏やかな子育てのヒント!「あーんあんの絵本」は叱るのに疲れたときにおすすめ。

心穏やかな子育てのヒント!「あーんあんの絵本」は叱るのに疲れたときにおすすめ。

子育ては、日々忍耐の連続というもの。

「○○しなさい!」「××しちゃダメ!」とばかり言ってしまいがちな日常の中で、もっと良い言葉かけはないものかと思っている人も多いでしょう。

そんなときにおすすめなのが、せなけいこさんの絵本。

読み聞かせれば、心豊かに声かけしたくなる絵本ばかりです。

ここでは「あーんあんの絵本」について、絵本のおすすめ理由やセット内容などを紹介します。

「あーんあんの絵本」がおすすめの理由

せなけいこさんの絵本というと、しつけ絵本とイメージする人もいるでしょう。

そもそも、“しつけ”とはなんでしょうか。

 
【仕付け・躾】
1.礼儀・作法を教え込むこと
出典:Google
 
もっと細かく言うと、
しつけとは、人間社会・集団の規範、規律や礼儀作法など慣習に合った立ち振る舞いができるように、訓練すること。概念的には伝統的な子供への誉め方や罰し方も含む。
出典:Wikipedia

つまり、訓練したり教え込んだりすることしつけというわけです。

と考えると「あーんあんの絵本」は、しつけとはちょっと異なるしょう。

一言でいうと、心穏やかな子育ての手助けをしてくれるツールだといえます。

どんなときに役立つ絵本?

たとえば、朝、子どもが保育園や幼稚園に行きたがらない。

泣いて着替えない。ぐずって靴を履かない。自転車のシートの上で暴れ出す、などなど。

そんなとき「早くしなさい!」「いつまで泣いてるの!」などと言いがちです。

ケース①「あーんあん」あーんあんの絵本

作者:せなけいこ
出版社:福音館書店
出版年:1972年
おすすめ年齢:1歳児~

せなけいこさんの絵本は、子どもの欲求や願望に寄り添いつつも、ユーモラス展開

「あーんあん」を読み聞かせていれば、「早くしなさい!」「いつまで泣いてるの!」の代わりに○○ちゃん(くん)が泣いて魚になっちゃったら、ママが助けに行くからね。」などと言ってあげることができるでしょう。

子どもが絵本で見たファンタジーをパッとイメージしてもらいます。

ママと離れたくない子どもの気持ちを封じるのは難しくても、気持ちを切り替えてあげることはできるでしょう。

少しでも気持ちが切り替わってくれれば、朝のストレスは軽減されますよね。

保育園に行くのはいいけれどお母さんが帰っちゃいやだとぼくが泣きだすと、みんなもいっしょに泣きだして……。
出版社 福音館書店公式HPより引用

ケース②「ふうせんねこ」あーんあんの絵本

作者:せなけいこ
出版社:福音館書店
出版年:1972年
おすすめ年齢:1歳児~

「そんなに怒っていると、ねこさんみたいにプーっとお空へ飛んでっちゃうよ!」

親のどんな言い聞かせや注意や叱責よりも、あっけなく子どもに気づきをもたらすのが絵本の凄いところです。

これほどシンプルに響く言葉で、子どもを導くツールは、ほかにはないでしょう。

ラストは、普段おしゃべりな子でも、沈黙してジッとそのページを見つめるかもしれません。

「おねこさんがぷー」と怒ってほおをふくらませます。片づけるのはいや、妹にあめをやるのはいや、あれをかってくれなきゃいや、どんどんわがままを言い続けて、ぷーぷーふくれっつら。そうしたら、こねこの顔はどんどんふくらみ、空へぷーと舞い上がって、どこか遠くへ行ってしまいます。
出版社 福音館書店公式HPより引用

Advertisement

ケース③「ルルちゃんのくつした」あーんあんの絵本

作者:せなけいこ
出版社:福音館書店
出版年:1972年
おすすめ年齢:1歳児~

4冊の中でも特に、せなけいこさんのちぎり絵が美しく感じられる「ルルちゃんのくつした」。

靴下だけでなく、普段遊んでいるおもちゃや、子どもの身近にあるさまざまなものに共通するでしょう。


きちんと元の場所に戻さなかったらどうなってしまうか、自分の気持ちはどうなるのか、子ども自身が考えるきっかけを作れます

「物を大切にしなさい」なんて言うより、ずっとやさしく、そして確実に子どもの記憶に残るでしょう。

ルルちゃんがくつしたなくしたよ。先生に聞いてもわからない。みんなに聞いてもわからない。どこへいったかな?
出版社 福音館書店公式HPより引用

ケース④「きれいなはこ」あーんあんの絵本

作者:せなけいこ
出版社:福音館書店
出版年:1972年
おすすめ年齢:1歳児~

子どもがケンカばかりしていると悩んでいるのなら「きれいなはこ」がおすすめです。

そのタイトルから想像できませんが、ねこちゃんとわんちゃんがケンカをしていると、箱の中から。

子ども同士のケンカはよくあることですが、手が出てしまうのは困るものです。

叩いたり、引っ掻いたりするなどの子どもの行動に、ストップをかけられるかもしれません。

きれいな箱がおちていた。ぼくのだぼくのだとみんな大さわぎ。そのときふたがすーっとあいてでてきたのは……。
出版社 福音館書店公式HPより引用

豊かなイメージで心穏やかな子育てができる絵本

せなけいこさんの絵本はどれも、やさしいちぎり絵が美しい作品ばかりです。

その絵本の数々は「怖い世界をのぞいてみたい」という子どもの好奇心満たしながら、親も心穏やかに過ごせるようなヒントが詰まっています。

せなけいこさんの絵本はどれもこうしなければダメという風には終わっていません

どの作品も、自分がどうしたらいいのか、子どもの心に投げかける形で終わっているのです。

「あーんあんの絵本」4冊セット

「あーんあんの絵本」は「あーんあん」「ふうせんねこ」「ルルちゃんのくつした」「きれいなはこ」の4冊セットになっています。

セット購入の場合「ケース」が付いてきます

子どもってこういう「ケース」が好きなことが多いですし、積極的にお片付けをするきっかけにもなります。

絵本を一生懸命ケースにしまう行動は、指先と頭のトレーニングになり、知育面でもおすすめ

絵本のサイズは約17×17センチと子どもの手に収まる小さめサイズで、持ち運びも便利です。

「あーんあんの絵本」まとめ

  • 命令語や禁止語に代わって、イメージ豊かなことばがけのヒントが得られる
  • ユーモラスな展開で子どもの心をとらえ、気持ちを切り替えられるような絵本
  • 子育て中の親が日常を心穏やかに過ごせるようなヒントが詰まっている
  • セット絵本は、ケース付きで、お片付けや知育にもおすすめ

▼あわせて読みたいおすすめの絵本はこちら▼

Advertisement

福音館書店の絵本カテゴリの最新記事