2021年度「えほんのいりぐち」年間ラインナップ!2歳児おすすめ月刊絵本

2021年度「えほんのいりぐち」年間ラインナップ!2歳児おすすめ月刊絵本

2021年度も、福音館書店(こどものとも社)の月刊絵本の申し込みがスタートしています。

中でも気になるのが、幼稚園や保育園で配られるチラシ限定販売の「こどものともセレクション」「えほんのいりぐち」ではないでしょうか。

「チラシが手元にない…」「申し込む前に内容を確認したい」という場合もあるでしょう。

ここでは、2021年度の「えほんのいりぐち」の年間ラインナップをザッと見ていきます。

▼「こどものセレクション」の年間ラインナップはこちら▼

福音館の月刊絵本「えほんのいりぐち」って何?

数ある定期購読や月刊絵本の中でも人気があるのが、絵本の老舗・福音館書店(こどものとも社)が毎月発行する「こどものともシリーズ」です。

年度初めに通園先でチラシが配られるほか、福音館書店の公式ホームページからも申し込むことができます。

福音館の月刊絵本には「こどものとも」「かがくのとも」など、さまざまなシリーズがありますが、毎年、特に注目されるのが「えほんのいりぐち」です。

「こどものともセレクション」が4〜5歳を対象としている一方で「えほんのいりぐち」は、2〜3歳向きですから、比較的小さなうちから楽しむことができます。

注目される理由は、主に2点あります。

まず「こどものとも」「かがくのとも」の通常シリーズは、新作絵本がペーパーバック絵本として刊行されていますが「えほんのいりぐち」では、既にハードカバーとして出版され、書店に並ぶ人気作品がラインナップされています。

つまり、えほんのいりぐちを注文すれば、本来ならハードカバーでしか買えない人気の絵本がペーパーバック絵本で手に入るというわけです。

また、えほんのいりぐちは、幼稚園や保育園で配られる「チラシ限定」で販売されています。

絵本の内容もあいまって、この「園でしか買えない」というプレミア感がまた魅力的なのです。

2021年度「えほんのいりぐち」年間ラインナップ

そんな「えほんのいりぐち」の2020年度のラインナップを見ていきましょう。

画像リンクは、ハードカバー絵本ですが、実際のシリーズはペーパーバック絵本になります。

内容は同じですので「書店に行って確認する余裕がない…」という人も、参考にしてみてください。

4月号「きんぎょが にげた 」

作者・画家:五味 太郎
出版社:福音館書店
おすすめ年齢:2歳児~

きんぎょが1ぴき、金魚鉢からにげだした。どこににげた? カーテンの赤い水玉模様の中にかくれてる。おや、またにげた。こんどは鉢植えで赤い花のふり。おやおや、またにげた。キャンディのびん、盛りつけたイチゴの実の間、おもちゃのロケットの隣……。ページをめくるたびに、にげたきんぎょがどこかにかくれています。子どもたちが大好きな絵探しの絵本。小さな子も指をさしながらきんぎょを探して楽しめます。

福音館書店公式ホームページより

5月号「ころころころ」

作:元永 定正
出版社:福音館書店
おすすめ年齢:2歳児~

色々な色をした小さな玉が転がり出しました。一列に並んでころころ、ころころ。階段を上ってころころ、おりながらころころ。でこぼこ道をころころ、坂道もころころ。嵐の道で吹き飛ばされてもころころ、山道もころころ。ころころころころ終点までころころ……。色とりどりの鮮やかな丸の形が、絵本の上をところせましと動きまわります。小さな子どもたちが体でその動きを感じ、鮮やかな色の世界を楽しむことができる赤ちゃん絵本です。

福音館書店公式ホームページより

6月号「どうぶつのおかあさん 」

文:小森 厚
絵:薮内 正幸
出版社:福音館書店
おすすめ年齢:2歳児~

動物の母親は、どうやって自分の子どもを運んでゆくのでしょうか。子どもたちが好きな動物を13種類登場させ、リアルに、母が子を連れ歩く様を描いています。

福音館書店公式ホームページより

7月号「どうすればいいのかな? 」

文:わたなべ しげお
絵:おおとも やすお
出版社:福音館書店
おすすめ年齢:1歳児~

こぐまが着がえをしようとしています。でもなんだか変ですよ?シャツを足からはいてしまったり、パンツを頭からかぶってしまったり、ぼうしを足にはいてしまったり。こんなときは、どうすればいいのかな?一生懸命考えたこぐまは、さいごにはシャツもパンツも上手に着がえて、おでかけです。こぐまのユーモラスな動きとちょっととぼけた表情は、洋服を自分で着たり脱いだりできるようになるころの小さな子どもたちそのものです。

福音館書店公式ホームページより

8月号「はっぱのおうち 」

作:征矢 清
絵:林 明子
出版社:福音館書店
おすすめ年齢:2歳児~

雨の中、さちが木の葉の家で雨やどりをしていると、カマキリ、チョウ、コガネムシも雨やどりにやってきました。小さな虫たちとの交流を静かに描きます。

福音館書店公式ホームページより

9月号「くるまにのって」

作:岡本 雄司
出版社:福音館書店
おすすめ年齢:2歳児~

しょうちゃんは、お父さん・お母さんと一緒に、車に乗っておでかけ。お店の並んだバス通りを抜け、工事現場の脇を過ぎ、トンネルのある山道を越えて、港に着きました。港から車ごとちいさな船に乗って海を渡り、たどり着いたのはおばあちゃんのおうち。通り過ぎていく町並みや風景を美しく描きます。つながっていく道路をたどり、たくさんの乗り物に出会う楽しみに満ちた絵本です。

福音館書店公式ホームページより
Advertisement

10月号「おにぎり」

文:平山 英三
絵:平山 和子
出版社:福音館書店
おすすめ年齢:2歳児~

ごはんをたいて、手の平に水をつけて、塩をつけて、あつあつごはんをぎゅっ、ぎゅっ。まんなかに梅干をうめて、もう一度ぎゅっ、ぎゅっ。手の中でくるっ、くるっと回して、海苔を巻けば、おにぎりのできあがり。たくさんできた。はい、どうぞ。ご飯の湯気、すっぱそうな梅干し、そしてにぎられたおにぎりの海苔の質感……見るほどに食べたくなって思わず手がのびる、おいしそうなおにぎりの絵本です。

福音館書店公式ホームページより

11月号「にゃん にゃん」

作:せな けいこ
出版社:福音館書店
おすすめ年齢:2歳児~

『ねないこだれだ』の せなけいこが描くねこの絵本。白、黒、トラ、ミケ、ブチのこねこたちが、いっしょに遊ぼうと抱っこした女の子の腕から逃げだします。駆けていった先で待っていたのは、お母さんねこ。こねこたちは、にゃんにゃんにゃんと嬉しそうにおっぱいを飲みます。貼り絵で表現されたねこたちが魅力的な絵本です。

福音館書店公式ホームページより

12月号「コンニチハエホン 」

作、絵:井上 洋介
出版社:福音館書店
おすすめ年齢:2歳児~

「コンニチハ」って言うと、おばあちゃんや、ねこや、ダンゴ虫やセミ、ふみきりやブランコまでがとても愉快なあいさつを返してくれます。あいさつを返してもらった子どもたちの弾んだ気持が画面からあふれ出てくる絵本です。

福音館書店公式ホームページより

1月号「ぼくのおじいちゃんのかお 」

作:天野 祐吉
写真:沼田 早苗
出版社:福音館書店
おすすめ年齢:2歳児~

泣いた顔、笑った顔、しかられた顔、聞こえないふりの顔……。千変万化する顔の表情を、今は亡き名優加藤嘉さんをモデルに写真でとらえたユニークな絵本。人間の顔って面白い!

福音館書店公式ホームページより

2月号「めの まど あけろ」

文:谷川 俊太郎
絵:長 新太
出版社:福音館書店
おすすめ年齢:2歳児~

「めのまどあけろおひさままってるぞみみのまどあけろだれかがうたってる……」。子どもたちが、思わず口ずさんでみたくなる、現代のわらべうた絵本。

福音館書店公式ホームページより

3月号「たまごのあかちゃん」

文:かんざわ としこ
絵:やぎゅう げんいちろう
出版社:福音館書店
おすすめ年齢:2歳児~

「たまごのなかでかくれんぼしているあかちゃんはだあれ?でておいでよ」と呼びかけると、卵の中から次々と赤ちゃんが出てきます。リズミカルな文と、ユーモラスな絵が楽しめます。

福音館書店公式ホームページより

2021年度「えほんのいりぐち」まとめ

ロングセラーの名作から、比較的新しい人気作品まで、個性豊かな12冊がラインナップされています。

「えほんのいりぐち」シリーズは、4歳くらいまで楽しめるものばかりです。

図書館で借りるのもいいけれど、良い絵本はいつでも手に取れるようにしてあげたいものですよね。

チラシから申し込めない場合、一般販売されているハードカバー絵本を検討してみるのもよいでしょう。

▼2歳児におすすめのロングセラー絵本を見てみる▼

Advertisement

福音館書店の絵本カテゴリの最新記事