【伝記を読む重要性】子どもの学習に役立つ理由

【伝記を読む重要性】子どもの学習に役立つ理由

実話は、フィクション以上に感動を与えてくれます。

子どもたちは「実話」が好きですが、伝記は辛口であったり、逆にヒーロー的に取り上げられたりしがちです。若い読者にアピールする伝記を書くのは簡単なことではありません。他人の歴史を若い人たちに生き生きと伝える技術が必要です。

さらに、伝記は子どもたちが教科の枠を超えて学ぶために必要な背景知識を与えてくれます。名前と日付が羅列された歴史書を読んでも、ほとんどの子どもは長くは興味を持たないでしょう。しかし、特定の人物の人生や業績に関する歴史を学ぶことで、子どもたちはそれがいかに重要であるかを知ることができます。

希望を与える

事実の羅列ではなく、今に生きる人々にいかに良い影響を与えるかということが伝記の役目です。伝記は、実在の人物が実際にしたことを語ります。困難を克服した勇気ある人物の実話は、子どもたちに希望と決意を与え、世界をより良い場所にしたいという願望を抱かせるでしょう。

他の人の実体験を読むことで、私たちが直面するであろう決断や結果の背景を知ることができます。しかしそれ以上に、伝記は一人の人間が変化をもたらすことができること、そして小さな一歩が大きなことにつながることを教えてくれます。

歴史が好きに

伝記は、歴史を垣間見たり、哲学、歴史、科学、芸術などの分野での画期的な出来事を知ることができます。また、子どもたちが求めるロールモデルにもなるでしょう。伝記は、実際に生きた人々の人生を通して歴史を学ぶことができ、子どもたちを歴史好きにしてくれます。

世界を見る目が養われる

異なる時代、あらゆる背景、人生経験を持つ人の話を読むことで、様々な問題に対して新しい視点を得ることができます。伝記を読むことで、誰の人生がどのように絡み合っていたのか、経済や地理、世界の出来事が私たちの歴史にどのような役割を果たしていたのかを結びつけられるでしょう。

人の数だけ伝記の種類がある

伝記に登場する人物から、子どもたちはインスピレーションを得ることができます。スポーツ界のスーパースターから、大統領や変革の先駆者を描いたものまで、人の数だけ伝記の種類があります。動物好きのお子さんにはシートンを、音楽が好きならモーツァルト…というように、お子さんの興味に合わせて選んでみるのもよいでしょう。

▼あわせて読みたい記事▼

絵本コラムカテゴリの最新記事