絵本は「買う」or「借りる」?絵本をかしこく揃えるおすすめの方法

絵本は「買う」or「借りる」?絵本をかしこく揃えるおすすめの方法

「絵本」は、安いとはいえない買い物です。

1冊1000円以上するものが多いうえ、子どもの成長とともに読める期間も短いもの。

子どもには欠かせないものでありながら、その揃え方に悩む家庭も少なくありませんよね。

絵本を揃える方法としては、図書館で借りるか、中古や新品の絵本を買うかの選択になるでしょう。

絵本は借りるだけの方がよいのか、それとも買ってしまった方がいいのか。

今回は、できるだけ出費を抑え、かつ多くの絵本を子どもに揃えるための、おすすめの方法を紹介します。

図書館で絵本を借りる

図書館で絵本

子どもが成長すれば、小さな頃に読んでいた絵本はいずれ読まなくなります。

読める期間が短い絵本は、積極的に図書館を利用したいところです。

ただ、小さい子どもを連れて、静かな図書館で絵本を探すのはなかなか大変。

小さい子なら泣いてしまうこともあるでしょうし、大きくなれば走り出してしまったり、次々と本を引っ張り出したりすることもあるかもしれません。

図書館の絵本はネット予約がおすすめ

絵本は図書館のネット予約がおすすめ

図書館の本は、ネット予約がおすすめです。

ほとんどの自治体では、インターネットから本の予約ができます。

貸出冊数は自治体によってちがいますが、少ない地域でも10冊くらい、中には無制限という地域もあります。

予約したら、あとはカウンターで受け取ればいいので、館内を歩き回る必要もなく便利です。

自治体によっては、宅配のサービスがある地域もあります。

「お住まいの自治体+図書館」で検索をかけるなどして、地域のサービス内容を確認してみましょう。

絵本を買う

絵本を買う

当然ですが、借りた絵本は返却しなければなりません。

子どもが気に入った絵本や何度も借りているような絵本は、思い切って買ってあげるのも良いでしょう。

絵本を読み聞かせてもらう子どもは、読書をしているというより、音楽を聴いているような感覚に近いです。

大人が気に入った音楽を何度も聴きたいように、子どもも何度も読み聞かせてほしい絵本があるということですよね。

いつでもお気に入りの絵本を手に取れる環境は、やはりメリットが大きいでしょう。

絵本は「中古」or「新品」どっちがいいの?

中古の絵本も新品の絵本も、どちらもそれぞれのメリットがあります。

中古で購入した方がいいか、それとも新品を買ってしまった方がいいかは、絵本や状況に合わせて臨機応変に決めていくのがいいでしょう。

子どもが小さいうちは中古絵本がおすすめ!

小さな子どもの場合、絵本を破ってしまったり、口に入れてしまったりしますよね。

「しかけ絵本」などの複雑で繊細なつくりの絵本であれば、なおさら壊れやすいでしょう。

価格の安い中古絵本であれば「まあ中古だし…」と諦めがつくものです。

リサイクル絵本専門の書店がおすすめ

中古絵本を買うなら、リサイクル絵本を専門に扱ったインターネット書店がおすすめです。

ユーザーからも好評なのが、リサイクル絵本のこども古本店

中古絵本をクリーニングする際、子どもが口に入れても安心の植物洗剤を使っていて、バーゲンブックやアウトレットブックなどお得な絵本を多く取り扱っています。

人気の絵本はすぐに売り切れてしまうこともあるので、お目当ての絵本があればこまめにチェックしましょう。

Advertisement

新品の絵本を買うなら

人気シリーズや話題の絵本などは、中古絵本であっても定価に近い値段の場合があります。

価格差がわずかなら、定価でピカピカの絵本を買う方が総体的に見ればお得ですよね。

また、長い目で見ると新品の方がメリットがある場合もあります。

2代にわたって絵本を引き継ぐ

絵本を買う

お子さんが絵本を読んだ後、その絵本はどうする予定ですか?

もし、お子さんのお子さん、未来のお孫さんへと考えるなら、新しい絵本がおすすめです。

絵本の装丁(作り)は丈夫で、大切に保管すれば、20年~30年経ったものでも、読む分には問題ないことがほとんどです。

保管スペースが必要ではありますが、将来、お子さんが親になったときには、かけがえのない贈り物になるでしょう。

絵本のプレゼント抽選に応募してみよう

ちょっと変わったところで、絵本のプレゼント抽選に応募してみるという手もあります。

各出版社や書店によるキャンペーンやイベントなどで開催されることが多いです。

時期はさまざまですが、出版社や書店のサイトなどをこまめにチェックしてみるとよいですね。

あくまで補足的な揃え方にはなりますが、応募の楽しみはあるでしょう。

絵本のおすすめ揃え方・まとめ

  • 図書館で絵本を10冊単位でザッっと借りる(ネット予約がおすすめ)
  • 子どもが気に入った絵本に限り購入
  • 子どもが小さい場合や「しかけ絵本」などの壊れやすそうなものは中古絵本を購入
  • 中古絵本ならリサイクル絵本専門書店がおすすめ
  • 人気シリーズや話題の絵本は、中古も高いため定価で購入
  • 2代にわたって引き継ぎたいなら新品絵本を購入
Advertisement

雑記(絵本コラム)カテゴリの最新記事